プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

銀行の新人研修は大変? 期間や内容は? 何をするの?② ~研修でチェックされる項目~

銀行のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは!

元銀行員で、一児の母のちきです。

記事を読みにきてくださってありがとうございます。

今日は、前回の新人の研修についてのお話の続きになります。

 

もくじ

《新人研修の目的》

新人研修の目的は、ズバリ、

『社会人としてのマナーを叩き込むこと』

になります。

なので、初期の頃の新人研修は、

言ってしまえば銀行業務の研修ではなく、

マナー研修になります。

銀行のマナー研修なので、

一般の企業より少し厳し目です。

《新人研修で見られるチェック項目》

どんなところが厳し目か、具体的にといいますと、、

・服装チェックがある

・髪型チェックがある

・靴チェックがある

・ネイルチェックがある

・ボールペンチェックがある

と、ざっとこんな内容のチェックがあります。

(銀行員の服装はどんなものが好ましいか、

実際わたしがどんな服装をしていたか、

また別記事にまとめますね。)

・服装チェックがある

こちらは、やはり銀行だけあって、しっかり見られました。

さすがに新人研修なので、大体の人は、リクルートスーツそのままで来ていたので、

そこまで注意されている人はいませんでしたが、

短パンを履いてきた人や、

ジャケットを持たず、カーディガンで来た人、短すぎるスカートの人などは、

人事にこっぴどく叱られていました。

しかも、注意されると、

自分の支店に報告がいくため、

自分の支店に泥を塗る事になってしまうため、めちゃくちゃ恐怖でした(^^😉

とりあえず服装、無難にいきましょう。

・髪型チェックがある

こちらも、服装チェック同様、

銀行なので厳しく見られます。

まず、髪の色ですが、

日本カラー協会の定めるカラーの、5から7が理想、

とゆうこと。

 

見ていただくとわかる通り、

ほとんど黒ですね。。(^^😉

最初は、黒くしておきましょう。。

そして、髪が肩につく人は結ぶこと。

結ぶゴムも、黒か紺。

もしくは派手ではない黒か紺のヘアクリップ。

シュシュはNGでした。

つぎに、前髪が目にかからないこと!

長い前髪はピンでとめること。

前髪と、サイドの髪型も同様に

『お辞儀した時に落ちてこないこと』

が必須条件でした。

上級者は、規則内で許されるオシャレな髪型にしていました。

・靴チェックがある

靴は、黒か紺のパンプスが基本です。

クロックスを履いてきた強者がいて、

めちゃくちゃ怒られていました(^^😉

(でも支店ではみんなナースサンダルはいてます。。。)

・ネイルチェックがある

お客様に資料を見せる時などに、指はよく見られる場所なのと、

ジェルネイルが流行っているので、

チェックが厳し目でした。

基本的にジェルネイルはNGでした(;´д`)

爪がのびすぎていないか、

何も塗っていない、

または、マニキュアを塗る場合は、

透明か、ベージュか、薄いピンクのみ可能

何人かネイルアートをしている子がいて、

すぐに外すように注意されていました(;´д`)

個人的には、何もしてないより、

ジェルネイルで綺麗に整えてた方が、

綺麗だと思うんですけどね。。。

・ボールペンチェックがある

なんだそりゃ笑

と思うかもしれませんが、

最近はさまざまなボールペンがたくさん出ているので、

そういったボールペンを使っていないかのチェックもありました。

・派手すぎないか

・余分な装飾がついていないか

・フリクションなどのように、

こすったら消えるものではないか

などがチェックされました。

銀行で修正はご法度なので、

消えるのは当然NGです。

しかしまさかここまで見られるとは(^^😉

なかなか厳しい世界だなと思いました。

と、今回は、

新人研修でチェックされる項目について書かせていただきました。

何にせよ、最初は無難にいきましょうとゆうことですね(^^😉

また、次回は研修内容の続きを書いていきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^ν^)!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました