プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

妊娠中の過ごし方で気をつける事は? どんな風に過ごすのがよい?③ 後期

育児のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは。

元銀行員で一児の母のちきです。

記事を読みにきてくださり、ありがとうございます!

今日は、昨日の続き、妊娠後期の過ごし方、気をつけたい事のおはなしです。

 

もくじ

《妊娠後期ってこんな時期》

妊娠後期は、お腹もかなり重くなり、

寝るのも苦しく、起きるのも苦しく、

何をするのも苦しい!!

という何とも大変な時期になります。

お腹が大きすぎて、じぶんの足元が見えない!!

足の爪が切れない!!

タイツや靴下が履けない!!

パンツをはくのすら大変!!( ;  ; )

とゆう、なんとも辛い経験をしました、。

ですが、それもあかちゃんがしっかり成長している証拠!

もうすぐ会える事を楽しみに、

この大変さもいい思い出、と思って乗り切りましょう(^^;)苦笑

《妊娠後期に気をつけたい事》

妊娠後期に気をつけたい事といえば、

なんと言っても、

「体重が増えすぎること」

です。

妊娠後期の時期は、ただでさえ、水を飲むだけでも太ると言われています。

それなのに、、、わたしは妊娠中を通して「食べづわり」だったので、

食欲がおさまらず、

なんと、、、後期に10キロも太ってしまったのですっつ( ;  ; )!!!!!!

急激な体重の増加は、妊娠中毒症など、様々な弊害が起こる原因になりますので、

みなさんは、本当に気をつけてくださいね。

わたしはとんでもないことになりました。

それはまた、出産の記事で書きたいと思います。

本当に命に関わる一大事になりました。。

《妊娠後期のおススメの過ごし方》

体重の急激な増加を抑えるためと、

あかちゃんが出やすいように、

子宮口を柔らかくするために、

「ウォーキング」

をする事がオススメです。

わたしの担当の産婦人科の先生には、14時間歩いてくださいと言われましたが、

季節は夏で、暑すぎて、さすがに4時間はしんどすぎるので、(^^😉

130分くらい歩くようにしていました。

しかし、なっかなか子宮口が開かず、、、

頑張って112時間歩くスタイルに変えました。

すると、だいぶ子宮口柔らかくなったんじゃない??との事。

妊娠後期は、ぜひ無理のない範囲でウォーキングしてくださいね。

ウォーキング時の便利グッズも、過去記事で紹介しているので、よかったら参考にしてみてください。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました