プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

破水した!対処方法、コウノトリタクシー、入院

育児のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは。

元銀行員で、一児の母のちきです。

今回は、予定日を過ぎ、いよいよ出産!

となった、わたしの実体験をお伝えしたいと思います。

もくじ

完全に油断していた

前の記事でもありましたが、私は予定日を過ぎても赤ちゃんがなかなか出てきませんでした。

焦る気持ちはありつつも、お腹の中が気持ちいいんだな~、と思いながら、

産まれる前までにやっておきたい事リストを作っていたので、

それを実行に移していました。

その中の1つに、家中の整理整頓とゆうのがあったのですが、

やり始めたら楽しくなってきて、止まらなくなり、

取り扱い説明書のテプラ貼りを終わらせるぞー!とやっていたら、明け方の3時までかかってしまいました(^^😉

臨月の妊婦さんは特に睡眠が大事なので、

真似しないでくださいねー!

 

まさか!?破水!?

そして、翌日、何故かアドレナリンが出ていた私は、雑巾掛けをしていました。

そして午後3時頃、一息着こうとソファに座った瞬間、

何かがはじけたような感じがして、

お股から何かが出てくる感覚がありました。

尿かな??

と思い、トイレに行ったのですが、

トイレから出てきても、水が溢れ出てくるんです。。。!!

実は、予定日を過ぎてもなかなか出てこないので、まだしばらく出てこないだろうと、油断して、たかをくくっていた時でした。

こ、これはもしや!!!破水!?

と、ちょっとプチパニックになりながら、

急いでナプキンをつけ、

病院に電話をかけました。

すると、

「すぐに来てください!

破水だったら、そのまま入院になります。」との事でした。

いよいよかあー!!と、ドキドキしました。

そして、落ちつこうと深呼吸をして、

マタニティタクシーを登録しているタクシー会社に連絡をしました。

(マタニティタクシー;別名、コウノトリタクシー は、事前に登録しておくと、

妊婦検診や、急に産気づいた時、何かあった時などに、スムーズにかかりつけの産院に連れて行ってくれる、とゆうものです。

とっても便利なのでおススメです。)

そして、旦那さんと母にLINE

「破水かもしれないです。破水だった場合、そのまま入院になるので、また連絡します。」

と送りました。

そして、用意していた入院用バック(中身は、前回の記事をご参照ください。)

を持ち、タクシーを待ちました。

持ち物を改めて確認し、

これから入院になるので、窓閉まってるか、あらゆる電源は切ってあるか、などソワソワしながら確認しました。

その間も、お股から水がどんどん溢れ出てきて(表現が、、すみません(^^;))

これは、絶対破水だなー。と思いました。

タクシー到着。入院へ

そして、タクシーが到着。

さすがマタニティタクシーだけあって、

荷物を運んでくれ、座席のシートには、濡れてもいいように、ビニールがかけられていました。

そして、病院に向かう道中、運転手さんが、いよいよですね!楽しみですね~!頑張ってくださいね!

体調悪くなったらすぐ言ってくださいね!

と、終始励ましてくださり、とても嬉しかったのを覚えています。

そして、産院に到着し、

破水なので、車椅子に乗せられ、診察台へ。

間違いなく破水との事で、

そのまま入院になりました。

長くなったので、続きます。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました