プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

銀行の寮の実体 食堂ついて わたしの寮の場合②

銀行のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは。

元銀行員で、一児の母のちきです。

今回は、前回に続き、私が住んでいた寮の実態についてです。

もくじ

 

食堂について

1階にある食堂は共同になっており、

食堂のおばちゃん(お姉さん)が働いていて、時間内に行くと、いつも出来立てを提供してくれました。(なんてありがたい!!)

利用時間

利用時間は、朝は確か6時くらいから、9時まで、

夜も確か6時くらいから、22時まで、

だった気がします。

注文方法

そして注文の関係で、食堂入り口に置いてある注文表の、自分の部屋番号の欄に、一週間前までに、いるかいらないかの○×を記入します。

メニュー表も出ているので、好きなメニュー、嫌いなメニューでも注文するかしないか選べます。

一食500円くらいで、1ヶ月分がまとめてお給料から寮費と一緒に引き落とされます。(詳しい寮費については、後ほど)

にしてたけど、間に合わなかった場合は、もったいない事になります。。

×にしてたけど、やっぱり食べたい!となった時は、(あんまりないんですが)だいたい余分にあるので、対応してくれる事が多かったです。

メニューとしては、ご飯とお味噌とサラダとお茶がセルフサービスで、

おかずは、メインと小鉢を、トレーを置いておくと提供してくれました。

お盆を持って行く時は、

「いただきまーす!」と元気よく言います。笑

下げるのは、下げ台があって、水が常に流れている残飯処理台があり、そこに残飯を捨てて、トレーを下げ台に置いて、

「ごちそうさまでした~!」

と元気よく言う、とゆうのがセオリーでした(^^😉

男女共同とゆうこともあり、かなりボリュームがあるので、普通に食べていると、あっと言う間に太ってしまいました(^^😉

食堂のメリット

入行したての頃は、同期との情報交換や、友達づくりもできるので、食堂での時間はすごく有意義な時間でした。

借り上げの寮ではできない、共同の寮ならではのメリットかなと思います。

またまた長くなったので、続きます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました