プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

出産の分娩の種類について 自然分娩、無痛分娩、計画無痛分娩!?

育児のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは。

元銀行員で、一児の母のちきです。

前回まで、自分の出産の体験談をお話していましたが、

今日は途中ですが、出産(分娩)の種類について、お話したいと思います。

もくじ

簡単な分類

まず、現在の日本における、出産方法の種類ですが、呼び方は様々あるし、帝王切開などを入れるとまた種類が増えてくるかと思いますが、わかりやすく言うと、

1.自然分娩

2.計画無痛分娩

3.無痛分娩

3つがあります。

私は、自然分娩か、無痛分娩か、の2種類だと思っていたので、23の違いがある事はあまり知りませんでした。

自然に産むか、麻酔をかけて、痛みを感じづらくして産むか、の二択ですね。

しかしながら、23とゆうのは、、タイミングによっては、天と地ほどの差がある事を身をもって知り、

無痛分娩を考えている方は、ぜひ知っておいていただけたらと思いました。

自然分娩

まず1の自然分娩ですが、

こちらは言わずもがな、麻酔などは使わず、自然に陣痛がくるのを待ち、赤ちゃんが自然に出てくるのを待つ分娩方法です。

その中で、なかなか出てこない場合は、促進剤を使ったり、場合によっては帝王切開になったりします。

計画無痛分娩

2つめの、計画無痛分娩ですが、

こちらは、出産の日をあらかじめ決めておき、分娩予約をしておき、

その日に陣痛促進剤を使い、麻酔を使い、

出産する、とゆうものです。

無痛分娩

3つめの、無痛分娩ですが、

こちらは、自然に陣痛が来るのを待ち、

子宮口がある程度(6センチくらい)開いたら、麻酔を投与し、出産する、とゆうものです。

こちらの注意点は、病院によっては、夜間や休日にお産になると、無痛分娩ができない可能性がある とゆう事なのです。。。

まさかまさかですよね。

私は2つめの計画無痛分娩と3つめの無痛分娩

の違いがわかっておらず、

3つめの無痛分娩を選び、

地獄を見ました

とゆうのも、

3つめの無痛分娩、

子宮口6センチ開いてから麻酔、、とゆうのは、

それもう、陣痛の苦しみ、8割体験してるからね!?

っていう事なんです。

ほとんど無痛の意味がないです。

しかも、赤ちゃんが出てくる時間によっては無痛にできないなんて、、、

なんたるリスキーな出産!!!!

自然分娩より、10万円近く高く支払い、痛みを感じたくないと願っているにも関わらず、8割痛みを体験し、さらには無痛自体できないリスクがあるなんて、、、

無痛にする意味って。。。

となりましたので、、、

無痛分娩を考えている方で、

痛いのはどうしても嫌だ!!!

とゆう方は、

計画無痛分娩ができる産院、もしくは24時間対応の産院を選ぶ事をオススメします!!

どれだけ大変だったかは、また続きの記事に書いていきたいと思います。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました