プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

陣痛開始!どんな痛み?間隔は?使用したアプリなど

育児のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは。

元銀行員で一児の母のちきです。

今回の記事では、陣痛が来てからの体験談をお話ししたいと思います。

 

もくじ

ついに、陣痛!?

夕食後、くつろいでいた午後7時頃、なんだかお腹のあたりが気持ち悪い感じがしてきました。

生理痛のような、鈍い痛みです。

最初は、気のせいかな?

と思っていたのですが、

だんだん、痛みが重くなってきました。

(表現として、重いとゆうのが適切かはわかりませんが、重い、と表現したい痛みでした)

こ、これは。。。もしや陣痛??

と思いましたが、全然よゆうでおしゃべりもできるし、トイレにも行けたので、

これが陣痛なら、出産余裕かも!!

と、浅はかな考えをしたのを覚えています。

本当に、浅はかでした。。。

母に、ちょっと陣痛きたかも、と告げると、

「そんな余裕そうなら、まだまだ本格的な陣痛じゃないよ。」と言われました。

陣痛アプリを使う

ふーん、と思いつつ、スマホアプリで陣痛の感覚を計測しようと思い、測り始めました。

私が使ったアプリはこちら

 

陣痛きたかな?と思ったら、陣痛きたかもボタンを押して、

陣痛おさまったかな?と思ったら治ったボタンを押す、とゆう簡単なものです。

最初は30分おき、とかでした。

 

だんだん痛みが強くなってきた。。。

9時になり、そろそろ寝ようか、となり、寝ようとしたのですが、

だんだん陣痛の間隔が20分おきくらいになってきて、

看護師さんを呼びました。

うーん、まだまだね。10分おきくらいになったら、また連絡して。

と言われました。

え?そうなの?結構痛いんだけどな、、

え?これ地味にしんどいんだけど、ずっと続くのかな?

こんな痛かったら寝れないんだけど、あ、きたかも、いたたた。。。。

となりながら、母にお願いして背中をさすってもらっていました。

だんだん間隔が短くなってきたな、と思ったのですが、

なんだか

母に背中をさすってもらうのが逆に嫌になってきて、

もう触らなくていいから!やめてもらいました。

そしてそのまま痛みに耐えていましたが、

だんだん一人で我慢できなくなり、

陣痛の感覚が10分おきになったので、

助産師さんを呼びました。

すると、子宮口を触診で確認され、

「まだまだね、陣痛の感覚が5分になったら教えてくれる?

頑張ってね~。」

と、行ってしまいました。

えーΣ(゚дlll)うっそーん!!

こ、こんなに痛いのにいー!?

となりました。

そして、やっぱり背中をさすってもらいたくなりましたが、

時すでに遅し、

母は爆睡してました( ̄◇ ̄;)

それからは、一人で苦しみ悶える地獄の時間が始まりました。

長くなりましたのでまた続きます。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました