プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

本陣痛 痛みの強さは?耐え方は?リアルな体験談

育児のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは。

元銀行員で一児の母のちきです。

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。

今日は、前回の続き、本陣痛について、おはなししたいと思います。

内臓がかき回される様な痛み。。

母は寝てしまい、背中をさすってくれる人もいない中、

一人で陣痛の苦しみに耐えていました。

陣痛の感覚が5分おきになったら読んでくれと言われたのですが、7分おきなど、微妙な分数が続き、なかなか呼べません。。

ですが痛みは回数を追うごとに強くなってきます。

どんな痛みかを表現すると、、

あ、、くる、、くる、、

と、痛みがくる感覚があり、

下腹の内臓が、、かき回されるような、、!!!!!

そんな耐えがたい痛みが襲い、耐え忍んでいると、消えていく、といった形でした。

もう辛すぎて、アプリで感覚を測るのも辛すぎて、できなくなってきたのでナースコールをし、看護婦さんにヘルプを求めました。

やっと教わった陣痛逃し

すると、

陣痛が来た時は、

フーゥ、フーゥ、フーゥ、と、息を吐く事に集中すると、痛みが和らぐからね~!

と教えてくれました。

(もっと早く教えてくれー( ;  ; ))

しばらくフーゥフーゥしていると、助産師さんが来て、子宮口を測ってくれ、

「そろそろ子宮口が3センチになったから、一時安静室に行って、胎児心拍測りましょう。」

と言われました。

一時安静室へ

その時の時間、おそらく深夜2時頃でした。

えぇ、、、。!?まだ3センチなのぉお

こんなに痛いのにいぃ( ;  ; )

夜だから無痛にできないし、、チクショー、、

と思いながら、フラフラ立ち上がりました。

すると、すぐに陣痛の波が来て、床にうずくまってしまいました。

助産師さんは

「大丈夫よぉ~!次に波が引いたら、一気にお部屋うつりましょうね~」と言ってくれましたが、あまりに痛すぎて、あ、あれ?ひいた?と思ってる間に次の波が来て、

ぐぅぅうう~(´ρ`)

とずっとやってると、見かねた助産師さんに支えられて歩き始めました。

よし、順調!!

と思いましたが、思ったより部屋が遠く、廊下の途中で、

「ぐわあああっ」となり、またうずくまってしまいました。

後からその様子を想像するとコントなんですが、(^^;笑

渦中にいる時は、もうどうしようもなかったです。

長くなりましたので

続きます☆

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました