プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

本陣痛 最強の痛みに悶え苦しむ リアルな体験談

育児のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは

元銀行員で一児の母のちきです。

いつもブログをよんでくださり、ありがとうございます。

今回は、前回に続き、本陣痛が来た後のお話です。

もくじ

ひたすら耐える

安静部屋で赤ちゃんの心配を計りながら、

ひたすら陣痛に耐えていました。

陣痛に耐える時は、どうしても力んでしまうので、めちゃくちゃ体力が消耗されていきました

(力まないで~!と言われましたが、はっきり言って、

無理!!!ですっ!!!!!)

全然子宮口も開かず、

激しい痛みはエンドレスに続き、

陣痛がこんなに、こんなに、こんなに痛いなんて聞いてないよー!!!

わたし、このままだと、、体力が持たずに、、

し、、ぬ、、、

と、本気で思いました。

ついに、お尻まで痛みが。。。

そして、、、

今まで下腹部中心だった痛みが、、

なんと、お尻の方にまで広がってきたのです!!!!!

こ、これが、、、世に言う、、

「いきみたい!!」

とゆう感覚かああ(゚Д゚)

と思いました。

先程までの下腹部の痛みも、内臓をかきまわされるような悶絶級の痛みでしたが、、

この、お尻のあたりまで広がった、いきみたい痛みといったら!!!!!!!!

鼻からスイカを出す痛みとはよく言ったもので、

本当に、汚い話ですが、スイカを並の大きさの大が出て行こうとしている感覚、

物凄く大きくて硬いかたまりが、自分から出ようとしている感覚でした。

「ぐーーーわーーーーあーー!!!!」

と、声が一層はげしくなり、

助産師さんに、

「トイレ行きたいです!!トイレ行きたい!!トイレ行きたい!!!出したい!!出したいー!!」

と訴えまくっていました。

助産師さんは、

「大丈夫よー!トイレなら、ここでしちゃって大丈夫よー!でも、いきんじゃだめよー!耐えてー。」

と、余裕の受け答え。

私はこの時、本気で痛みで死んでしまうんじゃないかと思いました。。

お願い、早く、早く、この痛みから解放されたい、助けて!!助けて!!助けてー!!おかあさあああん!!!!!

ついに。。。神が微笑む・・・

そして、ついに神が微笑んだのです。。!!

「ちきさーん、子宮口がやっと6センチ開いたから、助産師さんがかけあってくれて、先生がいまから麻酔してくれることになりましたよー!良かったですねー!!」

それを聞いた瞬間、全ての事から解放され、命が救われた気がしました。

その時の時間、AM6時。

ああ、神様仏様、本当にありがとうございます!!!!

と、この時ほど思ったことはありません。

続きます。

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました