プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

本陣痛 ついに無痛分娩へ リアルな体験談

育児のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは

元銀行員で一児の母のちきです。

いつもブログをよんでくださり、ありがとうございます。

今回は、前回に続き、本陣痛が来た後のお話です。

もくじ

ついに無痛分娩へ

子宮口が6センチ開き、ついに無痛分娩を行ってくれる事になり、分娩室に移動する事になりました。

ついに神様が私に味方してくれた!!!

と思いました。

し、か、し。。。。

分娩室に移動するのも、また地獄でした。

今度は車椅子に乗せてもらえたのですが、

車椅子の上で海老反りになりながら、暴れまくっていました。

(看護婦さんに押さえつけられていました^^;)

そしていよいよ分娩台へ!!!

麻酔のチューブを背中に入れるとの事で、

背中を丸めるように指示がだされました。

え???え???

こんな痛いのに????

無理なんだけど。。。無理なんだけど。。。

えー!!!!!

しかも、針が変なところに刺さると危ない(大事な神経の近くに針をさすので、間違えて神経を傷つけてしまったら一大事)

と言われ、

うそやろ、。。。。

めちゃくちゃめちゃくちゃいたいのに、暴れ出すほど痛いのに、それを丸まって、動かずに耐えろと????

無理ー!!!!無理ーー!!!!無理ー!!、!!!

となりましたが、やるしかありません。( ;  ; )!!!

助産師さんに攻撃をしてしまう

助産師さんがフォローしてくれる中、あぐらをかいて、背中を丸めてる時に、強い陣痛がやってきました。

思わず助産師さんの腕をギュウっと握ってさしまいました。

助産師さんは、

「ぎゃー!!!痛あーい!!!!」

と叫びました。

私は痛みに耐えながら、真っ青になり、ごめんなさい、ごめんなさい、本当にごめんなさいと謝りました。。(´ρ`)

助産師さんは、いたた、大丈夫ですよ。

頑張ってね、と言ってくれました。。。神。。

そして、先生から

「麻酔の針刺しますよー!動かないでねー。」と声がかかり、

絶対に動くもんか!!!!!と覚悟を決めました。

めちゃくちゃ陣痛の痛みが襲ってきましたが、

両手でベッドサイドを掴み、なんとか耐え抜きました。

注射針は極太でしたが、

陣痛の痛みに比べたら、麻酔を入れる注射針の痛みなんて、屁でもなかったです。

本当に、この痛みを経験したら、大概の事は小さな事に思えるな、、と思いました。

まだまだ続きます☆

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました