プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

無痛分娩の麻酔投入 一時的に天国へ どんな感覚?

育児のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは

元銀行員で一児の母のちきです。

いつもブログをよんでくださり、ありがとうございます。

今回は、前回に続き、出産時のおはなしです。

 

もくじ

ついに無痛分娩の麻酔投入

ついに無痛分娩の麻酔投入の許可がおり、背中に麻酔用の針をいれてもらいました。

いれてすぐは、まだ陣痛の痛みは俄然ありました。

あれ?まだ全然いたいんですけどー!!!!

え??これ麻酔効くのかな???

効かなかったらどうしよー(;´д`)刺すとこ間違えてたらどーしよー(´Д` )

と、ちょっと弱気になっていました。

ですが、

背中を冷たい液体が駆け巡る感覚があり、

ほんのちょっとずつ、ちょっとずつ、痛みが軽くなっていくのがわかりました。

 

麻酔投入後。。。天国!?

そして、麻酔を投入してから30分くらいして、

陣痛の波が来てるのはわかるのですが、全然痛くない感覚になりました。

もう、まさに、地上の楽園、天国とはこの事か!!!と思いました。

本当に、本当に、本当に嬉しくて、泣きじゃくりました。

痛みがエンドレスに続くって、本当に地獄で体力もなくなってきて、死を感じさせられます。

体力回復するために眠気が襲ってくるのに、寝そうになるたびに痛みで眠れないとゆう負のループ!!

(しかも、私は前日もほとんど寝てなかったので地獄でした)

やっと痛みが和らぎ、少しだけ、陣痛の波を感じながら、寝、、、ようとしましたが、それは止められてしまいました。

しばらくして、麻酔が切れてきて、また麻酔を投入してもらいました。

なかなか子宮口が10センチにならず、

地味に苦しかったです。

(でも、先程からの苦しみに比べたら天国です)

いよいよ、子宮口全開!いきみ開始!

そして、ついに、子宮口が10センチになったとゆうことで、いよいよ、いきみを開始する事になりました。

さあ、ここからまた新たな地獄が待っていることを、この時の私は、まだ知る由もないのでした。。。。

まだまだ続きます。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました