プロフィールはこちらから
スポンサーリンク

無痛分娩 子宮口全開!ついにいきみへ またしても地獄

育児のハナシ
スポンサーリンク

こんにちは

元銀行員で一児の母のちきです。

いつもブログをよんでくださり、ありがとうございます。

今回は、前回に続き、出産時のおはなしです。

もくじ

いよいよいきみ開始

やっとの思いで無痛分娩の麻酔を投入してもらい、子宮口が10センチになるまで耐え、

いよいよいきむ事になりました。

陣痛の痛みがあった時は、

いきみたいのを無理やり我慢していたのですが、今度は、陣痛のタイミングに合わせて、思いっきりいきまなければならないとの事。

しかし、無痛分娩の麻酔を投入してもらっているため、

いきみたい感覚がない上に、力が入らないわたし。。。

でもとりあえず言われたとおりに、

陣痛の波が来たら、「来ました!」と伝え、腰全体を上げて、

ふーーっ、

おろす、

もう一回、腰全体を上げて、

ふーーーっ、

おろす、

もう一回腰全体を上げて

ふーーーーっ、

おろす、

とゆうのを、陣痛の波がひかないうちに、高速で行う、とゆうなんとも過酷な試練が始まりました。

通常だと、陣痛のタイミングで、カエルのポーズで力いっぱい力むことで、

赤ちゃんと力を合わせてぐぐぐ、、と頭がでてくるそうなんですが、

無痛分娩の麻酔を投入しているため、腰回りに全く力が入らず、いきむことができずにいました。

それでも必死で、腰を上げ、持てる力の限りでは、

ふーーーーーーーーん!!!!!!

といきんでいました。

ですが、何回いきんでも、何回いきんでも、赤ちゃんは全く出てきません( ;  ; )

自分としても、力が入らないので、出てくる感覚がありません。

それでもやるしかありません。

ひたすら、ひたすら、

いきみ続けました。

もうクタクタ。。。。

1時間半いきみ続け、くたくたになり、一旦休憩することになりました。

麻酔は効いているのですが、それでも耐えられないくらいに強い痛みになってきました。

助産師さんが、足のマッサージをしてくれて、

すごくすごく癒されました。

そして、いきみチャレンジ、再スタートしました!

相変わらず腰に力は入らずでしたが、

いきみ続けました。

最後の方は、麻酔してるはずなのに、めちゃくちゃ痛くて、

これ、無痛じゃなかったら痛すぎて失神してるな。。。。

と思いました。

いきみ始めてから3時間が経過し、体力が限界になって、もう、無理、本当に、もう、無理、、と声が漏れました。

救世主!!現る

その時です!

先生が、

「吸引しましょう」

と言いました。

神ー!!!!!と思いましたが、

同時に、

「もっと早くそうしてくれー!!!!」と切に思いました。

続きます。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました